求める人材像

求める人材像

丸久の経営理念は「三位一体の信頼と融合により地域社会に貢献する」です。この「三位」とは、「お客様、お取引先様、丸久」の三者を表しています。つまり、「普段の生活」に欠かせない商品の販売や、情報提供をお取引先様と連携して 行い、お客様の豊かな生活を支えることにより三者が繁栄し、地域社会の発展に貢献していくことを意味しています。従って丸久の求める人材は、この経営理念を実践できる人ということになりますが、では具体的にどんな人物なのか?説明していきましょう。

1. スーパーマーケット(SM)のしごとに魅力を感じる人

スーパーマーケットとは、「普段の生活」に必要な「おかず材料」である生鮮食品や一般食品、および消耗雑貨を販売する店舗です。このように地域のお客様の豊かな生活を支えていく、つまり、「普段の生活」に欠かせない商品販売や情報提供をするスーパーマーケットの仕事に喜びと誇りを感じてほしいです。

2. 明るく笑顔で人と接することができる人

お客様、お取引先様、そして丸久で働く従業員など、常に人との関わりがある仕事ですから、明るく笑顔で人と接することができなければなりません。

3. 常に前向きで、プラス発想のできる人

企業を発展させていくためには、上位指向が不可欠です。丸久も常に前向きでプラス発想のできる人を求めます。

4. 山口県を愛し、山口県の発展に貢献したいと思っている人

丸久は、山口県を中心に発展した企業であり、今後とも山口県を中心として展開していく企業です。その丸久で働きたいと思う人は、当然、山口県を愛し、山口県の発展に貢献したい方だと思います。 学部学科・性別を問いません。専門知識もまだ必要ありません。入社後の勉強・研修で十分間に合います。 丸久では、山口県をこよなく愛し、スーパーマーケットを通じて地域に貢献したいという、明るく前向きな方を求めています。