教育制度

研修制度

新入社員研修 入社後約3週間は集合研修で、スーパーマーケットの基礎知識や、接客を学びます。 その後、6~7月まで仮配属店舗にて各部門研修を行い、合わせて定期的に集合研修を行います。

<レジ研修>

「新入社員研修 レジ研修」

<部門別研修>

「新入社員研修 部門別研修」

新入社員フォローアップ研修 9月に1泊2日で、基礎の確認及び情報交換や、リフレッシュのため、レクリエーションなどを行います。
新入社員ステップアップ研修 入社2年目を迎えるにあたり、新たな心構えを持ってもらうための研修で、3月に行われます。
チーフ・サブチーフ研修会 毎月の各部門の集合研修で、考え方の統一・能力向上のため、店に集まり、見学や具体的販売技術・商品化方法の勉強や、社外研修参加者からの他社の情報報告や意見交換など、より実践的な研修です。
接客リーダー研修 各店の接客リーダーを集め、スーパーマーケットの基本であるQSC(クオリティー・サービス・クリンリネス)向上のための活動をサポートし、その者の能力開発、情報交換を行う研修です。
チェッカーコンテスト チェッカー(レジ担当者)の接客や、技術を競うもので、各店舗の代表が地域選考に出場し、本選が行われます。上位入賞者はAJS(オール日本スーパーマーケット協会)全国大会に出場します。店全体の接客技術や意識の向上が目的です。
AJS(オール日本スーパーマーケット協会)研修 AJS企画の研修会に、各数名が参加します。種類は、チーフ・バイヤー・店長の研修から、人事能力開発・総務・店舗開発・システム管理部の研修、及び経営トップ(社長・専務・本部長など1、2ヶ月に1回開催)の研修など、多岐にわたっています。
海外研修 海外研修に、十数名が参加します。スーパーマーケットの基本であるアメリカの店舗を視察します。

通信教育制度

半年ごとに募集があり、社員からパートタイマーまで、丸久の従業員であれば誰でも受講することができます。さらに、通常の受講期間の、2倍の期間以内に終了すれば、受講料は会社と共済会より、全額援助されます。

職務技術コース スーパーマーケット入門から、商品知識、数値管理、マネジメントまで、実務にすぐに役立つコースが42種類
資格取得コース 販売士、調理師、衛生管理者講座から、宅地建物取引士、社会保険労務士、行政書士など、各部専門分野まで、 24コース
一般教養コース 英会話やパソコン、料理やマナー講座まで幅広い種類の、全36コース

インターンシップ制度

学生の時期に職場体験ができる制度です。大学生のみでなく、高校生・中学生の接客研修などの教育にも携わっています。
大学生のインターンシップは、主に店舗運営の説明と、実習を行っています。大学で学んだことを、実際の売場で体験し、さらに理解を深める、また、研究から生じた疑問を、実際に検証するなど、大学では学ぶことができない、生の体験ができます。
希望される方は、学校を通じて、人事能力開発部に御連絡ください。