キャリアアップ

入社後、新入社員研修を受け、全員が店舗販売(商品の仕入れ・販売・管理業務)の仕事からスタートします。その後のキャリアアップのしくみには、昇進と昇格の2つの制度があります。

丸久では、昇進と昇格は基本的には別のものとして扱っています。つまり、年齢・資格に係わらず昇進できますし、また逆に、年を経たから、昇進したからといって昇格できるというもでもありません。しかし、昇進してキャリアを積み、実績を残すということは、結果として昇格のスピードも早まるということになっています。


部門で経験を積んだ後、その部門のサブチーフ、チーフになり、本部のバイヤーやスーパーバイザーになる、または、副店長、店長になる等、それぞれの進む道は違ってきます。多くの民間企業がそうであるように、丸久も実力主義です。やる気と実行力しだいで、年功序列を飛び超えた昇進が可能です。

年齢に関係なく、それぞれの役職に応じた、権限と責任、そして役職手当(管理職・準管理職は職能給)が与えられます。

職務体型システム図

キャリアップ